アブラハヤ (油鮠) Phoxinus logowskii steindachneri
コイ目 コイ科 ウグイ亜科
* 大きさ  最大で13p
* 産卵期 4-5月
* 分 布  中・上流域


出会える場所 流れの強いところにあるガサガサ。成魚はタモ網よりも釣りでの出会いが簡単。春までは中流域全般に居るが、夏になると多摩川では、水温の低い府中より上流に移動している。
良く似た魚 タカハヤ
飼    育 水槽でも、生簀でも比較的簡単。水質の悪化に弱い。餌付けは良好。
飼育の相性 他の魚と競合は少ない。多種、多数飼育が可能。


※鱗が小さく、体表のぬめりが強いことからアブラの名がある。体色は黄褐色で鱗が小さく、小さな黒斑が散在する。体側に黒色の縦帯があり、タカハヤと比べると違いが分かる。雑食性で底生生物や流下物、付着藻類などを食べる。 産卵期は4月から5月ころで、淵や岸寄りのトロ場の砂礫底に群れて産卵する。
 幼魚は浅く流れのゆるやかな所で群れて生活し、成長すると淵や淀みに移動する。夏場の水温25℃を超えた中流域では、姿を消して上流へと移動するようだ。




顔はウグイによく似ている。釣れる場所だと、他の魚は掛らずアブラハヤばかりになることが多い。楽しい遊び相手、飼育してみるととても可愛いですヨ・・・。