ブルーギル Lepomis macrochirus
スズキ目 サンフィシュ科 ブルーギル属
* 大きさ 15-20p
* 繁殖期 6月上旬から初夏頃まで
* 分 布 中・上流域


出会える場所  夏から秋口にかけて、中上流域のトロ場にあるガサガサ。
飼    育  飼育は簡単。人にも良く懐くが・・・(注意ッ!)。
飼育の相性  特に無い。


※成魚だと20cmぐらいの大きさになりますが、多摩川のガサガサで入るのは大抵が10p以下の若魚。2006年頃までは、良く入る魚でしたが翌年の大増水以降はグンと数が減っているみたいですネ・・・。
 体は円形に近く、平たい体。体に細い横しまが薄く入ります。雑食性で、口に入る小魚や水生昆虫、甲殻類から貝までいろいろと食べます。夜、多摩川を潜ると、浅瀬で石などに寄りかかって寝ていたりして、面白い光景を見れますヨ。

 特定外来種に指定されていて、取り扱いが厄介です。この法律は2004年出来た「外来生物法」ですが、飼育や生体での持ち出しが禁じられています。しかし、都道府県によって規制内容が様々で、神奈川県ではキャッチアンドリリースも禁止され、東京都では生体の持ち出しや飼育が禁止です。
 この手の話題を長くすると、川遊びそのものがつまらなくなりますねぇ・・・。下にリンクを張っておきますので、それぞれに対処してください。

特定外来種に於ける「規制」



 ・・・・・。