ドジョウ Cobitis Biwae
ドジョウ科 シマドジョウ亜科
* 大きさ 全長9-12p
* 産卵期 6-7月
* 分 布 下流域上流部〜中流域
出会える場所 シマドジョウに混じって、時折出会える。泥底を好むが、ゴミや有機物が堆積するような場所には居ない。
良く似た魚 シマドジョウ・ホトケドジョウ
飼    育 極めて飼育し易い。水質の悪化にも良く耐えるが、限度を超えると病気がでる。水槽では、他の魚の食べ残しで安定する。しかし他種の魚が同じ水槽に居ると、ほとんど砂に隠れて姿を見せない。安心できる物陰を作り単独で飼育すると、慣れると潜らずに観察できる。
飼育の相性 多種・多数飼いが可能。
 褐色の体に、不明瞭な斑紋が散らばっている。腹面は淡色で斑紋がない。尾びれや背びれには褐色の斑紋が散在する。尾びれの付け根、上の方に小さな黒色班がある。口ひげは10本ある。
 ほぼ全国的に分布する。かつては、身近にあった小川や水路などに普通に居たそうだ。水田などには特に多く居たらしいが、小川や水路のコンクリート化や農薬の使用などによって、数を極端に減らしている。
 東日本では柳川・蒲焼き・みそ汁などいろいろな料理法で食されている。ふつう2年で成熟するが、早いものは1年で成熟し、5月から6月にかけて水田や湿地、その回りの細流などで産卵する。
 卵は多くが泥底に着床して、泥にまみれて発生をつづける。おもに底生藻類やその分解物を食べるが、ユスリカ・イトミミズなども食する。

 酸素欠乏に対して極めて強く、よく水面へ上がってきて口から空気を吸い、腸呼吸をする。1年で 8〜12cm、2年で10〜12cmに成長し、雌が著しく大型になる。





 先日、浅草で「ドジョウ鍋」を食べたら、鍋に入っていたのは「シマドジョウ」だった・・・。本当にすくなくなっちゃったのかなぁ・・・。



メス オス
 ドジョウの雌雄も 胸ビレの形態から判別ができ,オスは胸ビレがのびて先がとがる