ギンブナ Carassius gibelio langsdorfi
コイ目コイ科
* 大きさ 最大で30p
* 産卵期 4-5月
* 分 布 中・下流域水全般


出会える場所 仔魚や幼魚は、夏場まで「わんど」などの止水域にあるガサガサ。成魚は強くない、淵や河原の池など。
良く似た魚 フナ・ゲンゴロウブナ・キンブナ
飼    育 水槽でも、生簀でも比較的簡単。汚れにも強い。
飼育の相性 性格は穏やか、他の魚と競合が少ない。


※分布は広く。国内全域で見られます。国外でも朝鮮半島、中国大陸なども暮らしています。マブナとも呼ばれ、雑食性で底生動物や藻類を食べています。産卵期は4〜6月。コイと産卵期がと重なっています。
 雄の数が極めて少なく、関東地方ではオスはほとんど見られません。日本にいるギンブナはほとんどがメスです。産卵期、コイの産卵群にまじってたくさんのギンブナを見かけますが、これはコイのオスの精子を利用して、卵の発生のキツカケを作ってもらうためです。

 コイに限らず、ギンブナのメスはフェロモンを出してゲンゴロウブナやドジョウのオスにも精子を出させ、自分の卵に受精させます。しかし精子側の遺伝子は利用せず、キッカケのみに使用します。ギンブナの卵は勝手に細胞分裂を始めて、卵から生まれるのは自らのクローンだけになります。
 しかしギンブナのオスが、まったく居ないワケではありません。しかしこのオスの精子で同種のメスで受精させると、ふたたび生まれるのがメスのクローンになります。オスの精子はやはりキッカケにしか成りません。不思議な繁殖方法ですネ。

 しかし、ごくたまに「コイフナ」と言う魚に出会うことがあります。顔が「コイ」で、体が「フナ」・・・名古屋の庄内川と多摩川で一度づつで会ったことがありまする。偶然、コイの遺伝子を取り込んでしまった「交雑種」です。 どちらの川も都市河川で、著しい汚染している頃の話で、キレイになった多摩川では、まだ出合っていません。ひょっとして、「ドジョウブナ」「ヨシノホリブナ」まさかの「ザリガニブナ」・・・どんなフナなんでしようなねぇ。でも会うのが、ちょっと怖いかも・・・。

 多摩川で一般的に「フナ」と呼ばれているのが、このギンブナです。「釣りはフナに始まってフナに終わる」と言われ釣りの対象としても親しまれています。



幼魚時は、コイによく似ているが「ヒゲ」がないのですぐに分かる。