ジュズカケハゼ Gymnogobius castaneus
ハゼ科 ハゼ亜科 ウキゴリ属.
* 大きさ 4〜6p
* 産卵期 4-5月
* 分 布 中・上流域


出会える場所 流れの弱いトロ場の岸寄り。ガサガサやゴロタ下などの物陰。
良く似た魚 ウキゴリ
飼    育 水槽で、比較的簡単。水質の悪化やストレスに弱い。餌付くのも早い。
飼育の相性 他種の魚との競合は少ない。同種の多数飼育は不向き。


※ウキゴリ類と、他のハゼ科の魚との見分け方としては、下あごが前に出るところ。これを我々は「長〜さん型(いかりや)」の口・・・と呼んでいる。

 ウキゴリの仲間としては小型で、全長は、オス約50mm、メス約60mm程度、メスの方がやや大きい。平常時の体色は、体は明るい褐色で、体側に4〜5個の幅の広い横帯がある。近縁のビリンゴとは、外形や色彩での区別は困難。淡水域で見れば本種、河口の汽水で見れば「ビリンコ」・・・と、僕はザックリ分けている。
 産卵は、粒土の細かい砂泥底に繁殖期は生息孔を掘って産卵。餌はユスリカの幼虫などでの小動物を食べる。穴を掘るオスは、泥底に10〜20cmの巣孔をほとんど垂直に掘っている。


 
河床や水質の汚染や、改修工事により生息環境が変わり減少しているそうだが、多摩川では、2004年頃からジュズカケハゼの中流域流下が始まり、現在南多摩の下水処理水が入る直前の府中市まで、ごく普通に居る。

 関東流域型は激減しているとのことで、関東地方のジュズカケハゼは、「絶滅のおそれのある地域個体群(LP)
」となっている。




 ハゼは普通、底を這って生活するが、 ウキゴリの仲間のジュズカケハゼは、その名の通りに 水中を浮遊するハゼで知られます。 それに、ハゼ類では珍しく、婚姻色が雄よりも雌の方に出ることも、変わっているトコロですネ。



 繁殖期に、オスは平常時とあまり変わらないが、メスは胸鰭、尾柄部、尾鰭を除く全身が黒くなり、体側には鮮黄色の横帯が目立つようになる。