カマツカ Pseudogobio esocinus
コイ目 コイ科 カマツカ亜科
* 大きさ 15-20p 
* 繁殖期 初夏の梅雨頃
* 分 布 中・上流域


出会える場所 砂地の川底やガサガサ。夜行性で、夜わんどなどに潜ると普通に出会う。
良く似た魚 ツチフキ
飼    育 コイの仲間だが、底をベースに゛生活する。飼育は難しくない。餌は雑食性、何でも食べてくれる。
飼育の相性 他の底生生物と込み合うと、餌が取れなくなる。相性はどの魚とも良いが、ストレスに非常に弱いので、隠れ易い場所を作る。


※夏を過ぎる頃、体長3センチぐらいの幼魚がよくタモ網に入る。細長く、背中やヒレに「まだら」斑紋が入り、下側に突き出した口が特長的。多摩川では、90年代に入ってから見かけるようになっている。生活の場が川底であり、ヘドロで覆うような川底では暮らせない。見かけ始めた頃、多くが「奇形」していた。網に入るたびに胸が痛かったのを覚えている。

 日中潜ると、頭だけ砂の中から顔を出しているカマツカを見る。臆病な魚で、逃げる時にはガサガサの中よりも、砂の中に逃げたがる。
 口は完全に下を向いていて、長く伸びるその口を砂に潜らせて餌を取る。目が大きく、上を向いている。可愛い顔だ。以前岐阜で食べたが、白身で淡白でとて美味しかった。多摩川のカマツカも食べたが、下水処理水特有の汚泥の香りがして、飲み込めなかった。

 酷い仕打ちを受けながら、多摩川の魚たちは淡々と生きている。それを多くの人は知らない。伝える難しさは、保護することよりも数段難しい・・・。




 ヒゲがチョコンと付いている。体の模様は保護色で、危険が近づいてもギリギリまで動かない。お腹の白さが、底生生活を物語る。