カワムツ Zacco temminckii
コイ科・ダニオ亜科 ハエジャコ亜科
* 大きさ 最大で15-18p
* 産卵期 4-6月
* 分 布 中流上流部域


出会える場所 多摩川では、琵琶湖産の「アユ」を放流する支流内で良く見る。中流以下の本流では、増水などの後で見ることもあるが、はとんど見かけない。
良く似た魚 オイカワ
飼    育 オイカワにほぼ等しく飼育は容易。餌付けも楽で多数飼いも可能。ただし、水質に敏感。
飼育の相性 オイカワよりも性格は穏やか、他の魚と競合もほとんど無い。


※多摩川の中流域本流で見かけることは少ないが、支流に入るとカワムツばかりの川もあります。大きくなると20センチほどの大きさになりますが、多摩川では見たことが有りません。多摩川で見かけるのは10-13cmほどのサイズが主。

 成魚では、体側に太い紺色の縦帯があり、胸びれや腹びれの前縁は黄色がかります。オイカワと同じく三角形の大きな尻びれを持ちます。若魚では、オイカワとの見分けは難しいですが、姿形は似ていてもカワムツの背びれ前方に赤いポイントがあるので、迷った時には背びれを見ると判別できまする。

 本来は、西日本の魚で多摩川に居ないはずですが、アユなどの有用魚種の放流に紛れて東日本にも分布を広げています。多摩川では、水質の良い支流域ではオイカワより普通に見かけまする。人が近づくと茂みの陰へ逃げこむので、ガサガサでは出会いやすい。
 食性は肉食性が強く、水生昆虫や水面に落下した昆虫などを捕食しています。オイカワやウグイなどと並ぶ身近な川魚です。




 カワムツが居る川では、ガサガサが楽しくなるほどよく出会える。逃げ込む場所が、流心ではなく「物陰」なので、タモ網でも取れてしまう。
 オイカワよりも水質に敏感なようで、中流域本流内で出会うことはほとんど無い。西日本では、雑魚と言えばこの魚を指すほど「親しい」魚だ。