カジカ Cottus pollux 
カサゴ目 カジカ科 カジカ属
* 大きさ 8-13p 
* 繁殖期 3月下旬から初夏頃まで
* 分 布 上流域


出会える場所 水の冷たい上流域や、支流。多摩川では、梅雨時に大雨が降ると増水に乗り、幼魚サイスズが中流域のガサガサでもよく入る。
飼    育 冷水魚なので、水温管理が難しい。獰猛だがストレスに弱く、飼育の難しい魚のひとつ。
飼育の相性   単独が望ましい。


※日本の固有種。多摩川では珍しい魚。胸ビレが、他の低層魚に比べて著しく大きい。体の色は、環境によって大差が出る。体の側面には、3〜4本の暗色の斑紋が入ります。
 
多摩川での生息域は、主に上流域で川底にゴロタ石が点在するような水の冷たい場所で暮らしています。石の隙間を移動しながら暮らし、水生昆虫などを捕まえて食べます。産卵も石の隙間に入って行い、オスが縄張りを作って卵の世話をします。

 かつて多摩川には、海に下るカジカも居ましたが、現在は「大卵型」と言われる陸封型のカジカしか居ません。お年寄りに聞くと、昭和30年頃の川崎多摩区のあたりで、モリで突いて食べていたそうです。今の多摩川とは、水質も水量も明らかに違っていたことが分かりますネ・・・。


 海に下るカジカと、陸封されたカジカの見分け方は、大きな胸ビレのヒレ骨の数で調べます。陸封型のカジカでは「12〜14本」、降海型のカジカでは「15〜17本」と多くなります。中流域でカジカを捕まえたら、数えて見て下さい。降海型を見つけたら、教えて下さいネ・・・。とても嬉しいニュースになりますヨ。

 カジカは、アユに並んで「ふる里」をイメージさせる愛くるしい魚です。いつの日か、カジカが多摩川の中流域でも暮らせるようになると・・・いいですネ。




 少し怖い顔をしている。多摩川では、10pを超えるカジカはあまり見かけない。ガサガサでは、主に「ゴロタはがし」で出会える。春先は、産卵しているのでそっとしてあげましょうネ・・・。




 2007年の台風9号で、大量にカジカの成魚が流れ落ちてきた。回りには、サワガニも大量に居た。中流域の各堰堤の下で、戻り遡上が出来ずに大量のカジカが滞った・・・。せっせと、上流へとバケツで運んだが、遡行出来なかったカジカは夏の水温には適応出来なかったと思う。
 知らなければ何でもない事だが・・・知ってしまうと、とても淋しい。