キンブナ(金鮒) Carassius auratus subsp.1
コイ科コイ亜科フナ族
* 大きさ 最大で13-15p
* 産卵期 4-5月
* 分 布 中流域の上部・平野上流域支流


出会える場所 多摩川では流心から離れたガサガサや、中州の下流側の「わんど」などで、他のフナと一緒に群れることが多い。
ガサガサでも入るが、釣り竿で探ると比較的簡単に出会える。他のフナ類から比べると、多摩川では圧倒的に少なく希少な魚種。
良く似た魚 ギンブナ
飼    育 飼育はギンブナに等しく手がかからない。雑食性で餌付けも楽。多数飼い可。
飼育の相性 性格は穏やか、他の魚種との競合もほとんど無い。


※フナの中では、最も小型の品種で、全長10〜15cmぐらい。体高は低く、巾は厚い。熱帯魚のエサとして売られる和キンに良く似ている体型をしています。体色は黄褐色または赤褐色で、ヒレも濃黄色を帯びます。

 良く似たギンブナとでは、背びれ基部の長さがやや短く、条数(ヒレ骨)は15条より少ない。これに対してギンブナは、背びれの基部が長く条数も16〜18条と多くなります。ずんぐりと金色の体型から、少し慣れると簡単に見分けられるようになります。

 泥質の止水域を好みますが、多摩川では砂が溜まるぐらいの流速にある「ガサガサ」や「テトラポット回り」などで見かけます。水草の繁茂しているような所を好み、主に底層部で生活しています。雑食性で底生生物や藻類や水草なども食べます。
 産卵期は4〜5月頃で、水際のガサガサやゴミなどに粘着性の直径1.0ミリぐらいの卵を生みつけます。釣りでは、エサをミミズにすると良く釣れる魚です。


 
太平洋側では関東より北側で暮らし、本来西日本にはいない魚。日本の固有種です。移入種が大半の多摩川で、在来種の可能性がとても高い数少ない魚でもあります。それに多摩川に居るキンブナは、太平洋側の南端に暮らすキンブナであり、採取にあっては慎重さが必要と考えています。




 ギンブナと並べると、違いが良くわかる。容易に変色する。以前飼育したキンブナは、水槽で飼育したら、黄金色の「キンギョ」になった。背びれの基部が短い。出会えると、今だ嬉しくなる「多摩川らしさ」を残す魚です。