コイ Cyprinus carpio
コイ目コイ科
* 大きさ 最大で70-80p(中流域)
* 産卵期 4-5月
* 分 布 中・下流域全般


出会える場所 仔魚や幼魚は、夏場まで「わんど」などの止水域にあるガサガサ。成魚は淵尻のトロ場など、餌となる流下物が着床する付近。
良く似た魚 フナ・ニゴイ
飼    育 水槽でも、生簀でも比較的簡単。発眼卵からの孵化飼育の場合は水質管理が必要。環境が悪いと、簡単に奇形を起こすので注意。雑食性で餌付きも簡単。
飼育の相性 性格は穏やか、他の魚と競合が少ない。


※国内の各地の河川や湖、池に分布します。国外ではユーラシア大陸の温帯地域や亜熱帯全域に自然分布していたようですが、移植が盛んに行われて現在では世界各地に定着しています。多摩川では、主に茨城産のコイが成魚放流されています。2004年に放流されたコイから「鯉ヘルペス」が発症して、多摩川でも大量のコイが死にました。以降、多摩川ではコイの放流は見合わされています。
 食性は底生動物を主とした雑食性でタニシなどの貝類も食べます。産卵期は4〜6月で都市河川などでは、浅い岸辺に集まり流れ着いたゴミなどを好んで産卵床として利用します。卵には粘着性があり直径約1.5oぐらい。4〜5日で孵化して、1年で10〜15pに成長します。寿命は長く、野生化でも20年ぐらいは生きます。
 
 河川の水質を調べる調査では、生物指標として「汚れた川に居る魚」と烙印を押され、すっかりイメージを落してしまいましたが、多摩川では幾多の多難を乗り越えて暮らす、とてもいとおしい魚です。



川に潜って目があった・・・そーと、手を伸ばして「ぎゅっ」。手づかみは、釣りより断然面白いッ!




その他の資料

タイトル テーマ 内容
2006'「鯉の産卵観察 コイの産卵生態観察 ※都市河川独特の鯉の繁殖行動です。多摩川の鯉は、逞しく生きています。頑張れッ!
多摩川のコイ学習
「コイはモサモサ」
小学校・環境学習テーマ ※ゴミに付いた「卵」の孵化と飼育。学習で利用する場合のテキストです。