コクチバス (小口バス) Micropterus dolomieu
スズキ目・サンフィッシュ科
* 大きさ 最大で30〜40p
* 産卵期  4-5月
* 分 布 中・上流域


出会える場所 流れの弱い入江などのガサガサ。多摩川のガサガサで入るのは10p程度の若魚が多い。テトラポット帯でのミミズ餌にも良く姿を見せる。
良く似た魚 ブラックバス
飼    育 定外来生物。持ち帰ることも飼育することもできません。
飼育の相性 ーーー


多摩川の中流域で、最近頻繁に見るようになった魚。北アメリカ原産でオオクチバスと合わせて「ブラックバス」と呼ばれることが多い。肉食の魚で、エビや小魚などを食べる。ガサガサで網に入っても、持ち帰って飼育することはできません。実にややっこしい魚で、特定外来生物に指定されており、無許可の生きたままの飼育や運搬が禁止されています。
 神奈川県側の多摩川では、再放流も禁止されていて殺処分しないと罰せられます。多摩川の場合、県境となる線引が直線でなく複雑なのでとても厄介です。




オオクチバスに良く似ているが、比べると口が小さい。動きはかなり敏感で、見た目より素早く動きます。