マハゼ Acanthogobius flavimanus    
スズキ目・ハゼ科 マハゼ属
* 大きさ 10-15p 
* 繁殖期 冬から早春
* 分 布 中・上流域


出会える場所 夏場、河口付近の浅場で「釣り」やガサガサ。
良く似た種類 アシシロハゼ・ゴクラクハゼ
飼    育 初夏の河口付近で、川を遡上する「幼魚」を飼育すると楽しい。餌は冷凍アカムシを中心に、茹でたアサリなども与える。海水作りは、ペットショップで売っている海水の元で、15%から25%海水で環境作り。
飼育の相性 単独飼育が望ましい。


お馴染みのハゼ。砂泥底に腹をつけて生活する底生魚で、貪欲にゴカイや小魚などを捕食する。体側に淡く黒い帯が入る。 腹側は白く、光沢がある。背びれや尾びれには、ヒレ骨に沿って黒い点がきれいに並ぶ。
 
内湾や汽水域の砂泥底に暮らすが、若魚は川の純淡水域にも進入する。写真のマハゼは、08'年9月に二子橋下で採取したもの。07年から、河口から24キロも遡った「上河原堰堤」下で、夏場普通に採取できるようになった。河口10キロ地点にある「調布取水堰」の開門は、多摩川中流域の魚種多様化を一気に進めた。もっと評価するべきだろう。

 多摩川での産卵は早春の2月頃。オスが砂泥底に「Y」字型の深い穴を掘り、メスを呼びこんで産卵させる。産卵が終わっても、オスは巣に残り卵を守るそうだ。産卵後はオスメスともに死んでしまう。寿命は1年。
 夏には全長2cmぐらいの幼魚が、殿町干潟の波打ち際に大挙して押し寄せる。以前、同時期のスズキを投網で獲ったことがあるが、胃袋の中全てマハゼだった。肉食魚から鳥まで、大変多くの動物に食べられている。




 ハゼのくせして結構「かわいい」。腹ビレは、大きな吸盤のような形をしている。