メダカ(目高) Oryzias latipes
ダツ目 メダカ科メダカ亜科
* 大きさ 最大で4-5p
* 産卵期 5-9月
* 分 布 中下流域の支流


出会える場所 中下流域の支流に多い。本流でも、支流合流点付近のガサガサなどで出会える。いずれも、流れの弱い場所などが多い。
良く似た魚 カダヤシ・グッピー
飼    育 簡単に飼育できる。繁殖も可能。水草などに卵を産ませる場合、卵の保護が必要。親が卵や仔魚を食べてしまう。
飼育の相性 水面下が生活の主。落とした餌などは、低層魚(ドジョウなど)を入れておくと掃除してくれる。性格は穏やか、他の魚と競合はないが繁殖を考える場合は単独飼育する。


※体長 4 cm 程の淡水魚。水面に群れていることが多いが、これは危険を察知した時で、普段は大きく群れる事はない。逃げるとガサガサによく入るので、よく出会う。学名の Oryzias latipes は『稲の周りにいるヒレの広い魚』という意味だが、山間部の環境よりも下流域の海に近い淡水域の方が多く見られる。増水によって、安易に海へ流出、海上の淡水魂に乗り他の沿岸域へと移動する。
 目が大きく、頭部の上端から飛び出していることが、名前の由来になっている。飼育が簡単なため、観賞魚として古くから日本人に親しまれてきた。西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトによって、1823年に初めて報告された。日本に棲息する最も小さな淡水魚である。

 小川にメダカが群れて泳ぐことが見られるのはごく普通だったが、野生のメダカが各地で減少、1999年2月に、環境庁がレッドリストを発表し、その中の絶滅危惧II類(VU・絶滅の危険が増大している種)にメダカが載り話題になった。
 
日本では、北海道を除く各地に生息。流れのゆるい小川や水路に生息し、動物プランクトンなどを食べている。メスの卵細胞は、4000個ほどあり、1回の産卵に20個ほどの卵を産む。シーズン中は毎日産卵するため、整った環境化では爆発的に増える。
 野生化での寿命はおおむね1年。飼育下では複数年生きる。春から夏にかけて産卵し、孵った仔魚は夏、秋の間をかけて成長して次の年に産卵する。蚊の幼虫ボウフラを好んで食するため、ボウフラを退治する益魚としても知られている。

 
多摩川では、レッドリストに載って以降各地で放流が盛んに行われ、比較的ポピュラーな魚種となっている。しかし、にわかに保護熱が高まり、品種改良を施した飼育品種などが誤って放流されることも多く、全国的に遺伝子汚染が心配されている。放流に当たっては細心の注意が必要である。




 メダカは子どもたちの人気モノだ。居れば一気に増えるが、居なくなる時には、これまた一気に居なくなる。不思議な魚だ。




その他の資料

タイトル テーマ 内容
01'「メダカにおける潮汐リズムと、産卵数の関係 産卵と潮汐リズムの観察 ※メダカを使った、産卵と潮の満ち干きの観察です。