モツゴ(持子、脂魚)Pseudorasbora parva
コイ目・コイ科・ヒガイ亜科
* 大きさ 最大で9-11p)
* 産卵期 4-6月
* 分 布 中下流域全般


出会える場所 流れの弱い「わんど」。河原に出来た「池」など。ガサガサでは、夏以降に「幼魚」サイズで良く出会う。
良く似た魚 タモロコ・ムギツク
飼    育 環境の変化に強い。水槽の中でも「産卵」をする。幼魚かの飼育では、人にも良く慣れる。餌付けも簡単。
飼育の相性 気性が荒い。他の魚を追い回すこともあるが、強くなくあっさりと譲るタイプ。スト慣れるレスにも強く複数飼いも可能だが、繁殖期に入るとオス同士の抗争が激しくなる。


子どもの「川遊び」では、最もポピュラーな魚かも知れない。僕も最初の入り口はこの魚からでした。体長は8cm前後で、大きな個体は10cmをやや超す程度。体の色は銀白色で、体には黒い帯が入ります。
 野外で出会うとはっきり入る帯だが、水槽で飼育していると消えてしまいます。同じような場所で暮らす「タモロコ」と一緒にタモ網に入りますが、口の向きや口ひげがないことで見分けられます。

 湖沼や河川下流域、用水路、溜め池など幅広い淡水域に生息し、水草が豊富で流れの緩やかな浅底部に群れて生活している。水質汚濁や環境変化への適応力が高く、富栄養化が進行した川や公園の池などでも最後まで残っている魚です。


 雑食性で、小型水生昆虫やプランクトン、付着藻類などを食べています。繁殖期は4-7月頃で、比較的長い。繁殖期のオスは口の回りに「追星」が生じ、縄張りを作ります。縄張りを作ったオスは、水草の茎や底石のゴミや藻類を綺麗に取り除いて産卵床にします。
 産卵は雌雄一対で行われますが、いったん産卵が済むと雄はさらに別の雌を縄張りに誘い入れて産卵させます。

 そして卵が孵化するまで10日あまり・・・、雄は卵に寄り添い外敵の接近やゴミの付着を防ぎながら、孵化を待ちます。
 1年で成魚となり、寿命は3年ほど。上向きに細く突き出る口の形から、クチボソ(口細)の別名でも知られる魚です。




 川魚の入門魚と言っていいかも知れない。飼育も簡単で、ぜひ産卵や仔魚の飼育に挑戦してみて下さい。ぐっと、川が身近に感じるようになりますヨ・・・。