ムギツク(麦突) Pungtungia herzi
コイ目 コイ科 ヒガイ亜科 ムギツク属
* 大きさ 8-10p 
* 繁殖期 4月の中旬から5月中頃
* 分 布 中・上流域


出会える場所 初夏以降、幼魚が流れの強くないガサガサで会える。成魚は、同じく流れの弱い「わんど」や淵で、釣りで出会えるが、簡単には釣れない。
良く似た魚 モツゴ
飼    育 コイの仲間。飼育も心配が少ない。同種のオス・メスだけで飼育すると、ガラス面に卵を産む。直ぐに食べてしまうが、親を出して飼育すると孵化させられる。餌は雑食性、難しくない。
飼育の相性 込み合った水槽でも、要領よく餌を取る。多種多数飼いすると、同種で群れる。縄張り意識は強くなく、たいていの魚とも上手に住み分けをする魚です。


初めて見ると「何じゃコレ?」って魚。体長10pほどの大きさだが、扁平で伸びる口や鮮やかな体側の帯、ペットショップで売っていそうな感じに見える。太い黒帯は、幼魚ではハッキリ出るが、成魚に成るに連れて薄くなるようだ。
 多摩川では、四月に入るとお腹をパンパンに膨らませたメスが、遡上調査中の仕掛けに入る。春の増水に乗り、産卵は居住区より上流に移動して行う。よく見ると、口元に小さなヒゲが生えていて可愛らしい。

流れの緩やかな川や用水路などに暮らし、小さな群れで暮らしている。食性は雑食で、水生昆虫や藻類などを食べる。産卵は托卵することで有名だが、水槽で産卵させるとオスが卵の世話をする仕草も見える。

 本来は関東には居ない関西の魚。他の魚同様に、国内からの移入種。水質の悪い時代には見かけなかったが、水質の改善とともに中流域で見かけるようになった。本来の生息地では数を減らしているようだが、多摩川では年々増えている魚です。




 実に美しい体をしている。観賞魚として充分に耐えうる資質を持ち合わせている。性格も穏やかで、他の魚とも相性は良い。多摩川で増えた原因は定かでないが、そんな人気が災いしているのかも知れない。