ニゴイ似鯉)Hemibarbus barbus
コイ目・コイ科・カマツカ亜科
* 大きさ 40-60p (産卵期)
* 繁殖期 5月上旬から初夏頃まで
* 分 布 下流域から中流域


出会える場所 幼魚 / 中下流域のガサガサ  成魚 / 春・中流域 その他・下流域で釣り
飼    育 簡単、幼魚では人にも良くなつく。悪環境にも強い。餌付けに苦労する話も聞くが、飼育初期に、適切な対処をすると早く餌付きます。
飼育の相性 どの魚種とも競合しない。多数飼いもストレスは少ないが、痩せないよう給餌に気を使うと喜びます。


※夏頃まで、中流のガサガサで時折10cm未満の幼魚が入る。体は細長くて、鼻先が前に突き出し、口は吻(ふん)の下側で下を向きます。口元には一対の短いひげがあり、顔全体がニューと面長な印象です。
 ガサガサで会える頃には、
体側に暗色斑が並んでるが、体長が15cmぐらいにまで成長すると伴い消えてしまいます。

産卵期は4月から初夏まで、普段暮らしている下流域から川を遡上し、川崎・上河原堰下から、第三京浜架橋の間にある「瀬」に入り産卵。「アユ」「マルタウグイ」に、ほぼ等しい水域です。春のニゴイは、サクラマス狙いの釣り人が良く釣り上げますが、「ミミズ」の房掛けで釣る場合、川底を流すとほぼニゴイしか掛りません。房掛けたミミズを、水面直下で流すと奇跡的?にサクラマスが掛ることが有ります。

「多摩川にサクラマス?」
 いえいえ、実は結構居ます。水中に潜って見ると、川底に這うように群れたニゴイの中で、サクラマスが居る時で数匹、点々と入っている状態です。季節は、四月下旬から梅雨入りの頃。場所は、宿河原・上河原の両堰堤下流側、流れが高水敷きを削り取るような流心下の「淀み」の中で、ユラユラしています。写真が取れたら、図鑑にアップしますネ・・・。

 日本の固有種でス。耐塩性が強く富栄養化にも強いので、都市の川でも暮らす。砂底の下流域を好み、雑食性、水生昆虫や貝類も食べる。3年で30センチを越えますヨ・・・。





 とても可愛い顔をしている。ウグイと一緒で、目がキョロキョロ良く動くのが可愛い。多摩川では、中流域で孵化はた幼魚は、そのまま付近に留まり、秋の台風の頃下流域へと移動して通常の生活に入る。




 春四月。上河原堰下で見かけた、産卵に遡上して来たニゴイ。大きくなると、迫力満点な魚になる。