ヌマチチブ Tridentiger brevispinis.
ハゼ科 ハゼ亜科 チチブ属
* 大きさ 全長で10-12p
* 産卵期 7-8月
* 分 布 中下流・河口域


出会える場所 淡水の下流域を中心として、汽水域や河口でも見かける。岸寄りのガサガサではなかなか入らない。流れの弱い川底で、ゴミの下や浮き石を剥がす「ゴロタはがし」で出会えることができる。
多摩川では、調布、狛江付近まで時々見かけるが、もっとも多いのは丸子橋から二子橋間で、夏のゴロタ剥がしでは普通に出会う魚。
良く似た魚 チチブ・ヨシノボリ
飼    育 餌は動物食が基本。冷凍赤虫などをあたえる。水質変化には強い。物陰に隠れたがるので、浮き石などを入れる。
飼育の相性 ハゼの仲間は、気性が荒い。口に入れば魚も果敢にくわえたがる。人には良くなつくので、30センチ幅程度の水槽で1匹飼いが理想。


※チチブ・・・とは良く名づけたものだ。正面から見た顔は、まさしく「チチブーッ」って感じで面白い。下流域のテトラポット釣りなどでは、テナガエビに混じって良く釣れる。全体的にずんぐりむっくりしていて、ヨシノボリなどと比べると、頭も扁平しておりすぐに違いが分かる。体中、頭から尾びれの基部まで、やや青みがかった小さな班点が広がってます。

 産卵期は多摩川では初夏から夏で、あまり深くない「トロ場」に転がる浮き石の下で行う。オスが縄張りを作り、メスを卵を産ませたい石の下に誘い入れて産卵を行う。産卵室の天井に産み付けられた卵はオスが孵化するまで守ります。
 孵化と同時に川を下り、河口沿岸域で冬を過ごして、翌春に再び川を登って川暮らしを始めます。本来はそのように川と海とを往復する種類ですが、容易に陸封されます。しかし数が極端に少なくなります。
 初夏、6月の最初の大潮日、丸子橋付近を潜ると体長3センチぐらいのヌマチチブの子ども達が、群れて遡上する姿はとても愛らしい。川底を飛び跳ねるようにして川を遡っています。

 よく似た魚で「チチブ」と言う魚も居ますが、経験を積まないと判別は難しい。さしずめ、ヌマチチブは、下流域が中心で河口域まで延びて暮らしていますが、チチブは河口域を中心にして下流域まで延びて暮らしています。図鑑にも判別の方法が具体的に指摘していますが、個体差が大きくて難しいですネ。関心が湧くまで夢中になれたら、ぜひチャレンジして見て下さい。




 夏のヌマチチブ。写真のようにオスは体が黒くなり胸鰭の基部にはっきりとした帯状のオレンジ色が浮き出てくる。背びれの前半部がビロビローとながくなるのもオスの特長。
 飼育すると、彼の魅力がうんと解りますヨ・・・。