オイカワ(追河)  Zacco platypus
コイ科・ダニオ亜科オイカワ属
* 大きさ 最大で15p
* 産卵期 6-7月
* 分 布 中下流水域全般


出会える場所 水深の浅い「チャラ瀬」の中や、流心のあるトロ場など。幼魚はガサガサにも入る。
良く似た魚 カワムツ・ウグイ
飼    育 水槽でも比較的簡単。落着くまで「飛び出し」に注意。複数で飼育すると、追廻しが強くでる。
飼育の相性 性格は強く、特にオスは他の魚を良く追い回す。


背中は淡褐色。腹部から体側は銀白色。スマートな体型をしていて、突進力があります。多摩川では梅雨の頃6〜7月に繁殖期を迎え、オスは体を美しい婚姻色に変えます。

 産卵期には産卵場所でオス同士の激しい「縄張り争い」がありますが、それ以外では群れていることが多い魚です。縄張り争いでは、顔や頭に現れる「追星」を武器に戦い、力が均衡するオス同士の場合だと体が傷だらけになるほどの激しく争います。
 
 大きな尻ビレが特長。産卵は流れが止まらない浅場に群がり、砂礫の中に産卵します。卵は3日ほどで孵化。孵化後、卵黄を吸収しながら河床内で体を作り、3〜4日後に砂から出てきます。
 成熟まで2-3年かかり、婚姻色の出たオスでは年を越すことなく死んでしまいます。夏から秋にかけて、ガサガサでよく見かける幼魚は、その多くがオイカワのようです。


 多摩川では中流域から下流域にかけて、もっとも普通に見ることができます。また良く似た「カワムツ」に比べると、水の汚れに強く河川改修された都市河川でも、健気に暮らしています。食性は草食性の強い雑食性で、藻類や水草、水生昆虫や水面に落ちた小昆虫などを食べます。




 オイカワが産卵に集まる水辺。流心脇の小砂利が積もった「わんど」。手を差し込むと、手首までズブズブとはいるほど柔らかい河床を好む。
 産卵期のオス。美しい婚姻色に身をまとう。追星は、まるで闘牛の角のような武器になっている。
 縄張りを作れたオスの近くに、メスが近寄る。オスは、水面に浮き上がり、大きな尻ビレを広げてアピール。メスはその尻ビレをくぐってみせて、見合いは成立する。
 定位したメスを抱くオス。大きな尻ビレを、メスの放卵口に巻きつけ授精効率を上げる「裏ワザ」も使う。
 卵は思いのほか深い場所に産み付ける。10p以上の深い場所からも卵は出る。産卵時、卵の多くは同種の捕食によって消費している。



 卵径は約1.5o。授精後約2oに膨張する。初夏には2pほどの幼魚に成長する。




その他の資料

タイトル テーマ 内容
2001' 「オイカワの産卵観察 多摩川での繁殖を観察 狛江市の河原で、人知れず産卵をするオイカワの、産卵生態を観察したレポートです。
#25 クラブニュース オイカワの産卵床作り ※子供たちと、産卵床を作りオイカワに卵を産んでもらいました。意外と簡単な産卵床を作ったレポートです。