シマドジョウ Cobitis Biwae
ドジョウ科 シマドジョウ亜科
* 大きさ 全長6-8p
* 産卵期 5-6月
* 分 布 下流域上流部〜中流域


出会える場所 支流や本流内の「わんど」のほか、底質が小砂利や砂などであれば、多摩川のガサガサではポピラーな魚。止水域よりも、緩く流れや水の動きのある環境に多い。
良く似た魚 ドジョウ
飼    育 水槽には、食べ残しの餌掃除にドジョウは欠かせない。隠れる場所を作らないと、ほとんど砂の中に入ってしまうので、安心できる物陰を作る。
飼育の相性 多種・多数飼いが可能。


体は細長く、「口ひげ」は6本。体の色は肌色で体側には黒色斑紋が「シマ」のように伸びている。斑紋の無いドジョウは流れのない泥底の環境を好むが、シマドジョウは流れのある川底を好む。多摩川では、ドジョウと言うと「シマドジョウ」の方が圧倒的に多い。流域に水田が消え、本流への流下が消えたのが大きな原因のようだ。日本の固有種で、本州から四国へと広く連続的に分布する。
 砂によく潜り、砂中で越冬する。砂底の砂を取り込み、この中に含まれる底生藻類や小型の水生昆虫等を食べる。産卵期は、多摩川では4月下旬から始まりから6月の梅雨ころまで続く。産卵は砂礫底に生える水生植物の根や茎に、1個ずつバラバラに産着される。
 卵の直径は約2.1mmで、卵黄は白色で、卵膜は薄くて粘着性がある受精後2〜3日でふ化し、ふ化後 2日で、全長5mmほどになる。仔稚魚は浅い砂泥底の場所にすみ、体長6cm以上で成熟する。子どものガサガサでも良く入る。 川遊びする子供達の人気者だ。斑紋が美しく、観賞魚としても人気がある。出会ったら、是非家族として迎えてもらいたい魚だ。




 口の丸さと、目の大きさが可愛らしさを大きくしている。メスは、卵を持つと「ぽんぽこりん」の体になる。




メス オス
 雌雄は 胸ビレの形で判別できる。オスの胸ビレはメスよりも伸び、特に第二鰭条の伸長が著しい。