スゴモロコ Squalidus.chankaensis biwae  
コイ目 コイ科 カマツカ亜科スゴモロコ属
* 大きさ 最大で70-80p(中流域)
* 産卵期 4-5月
* 分 布 中下流水全般


出会える場所  水深のあるトロ場。産卵期に入ると川を遡行する。堰堤の下流側で停滞すると大きな群れを作る場合がある。ガサガサでは出会うことが少ないが、小物釣りの仕掛けでは、場所を選ぶと良く出てくる魚。
良く似た魚 タモロコ
飼    育 水槽でも飼育可能。飼育下では、タモロコよりもストレスに弱く、水質管理も必要。雑食性で餌付きは良い。
飼育の相性 多種との多数飼いの場合、ストレス負けをすることがある。大人しい魚種、もしくは単独飼育が安心。


日本の固有種。琵琶湖にのみ分布する魚だが、アユの放流とともに多摩川にも移入。琵琶湖では、ブルーギルなどの移入種により、極端に数を減らしている魚種で、環境省レッドリスト準絶滅危惧に指定されている。
 湖の水深10m前後の砂礫底にすむ。体は「タモロコ」に比べると細長く、目がおおきい。口は低い位置にあり、ヒゲが一対付いている。体色は灰白色を基調とし、体側には一本の暗色縦条がある。
雑食性で、水生昆虫や浮遊動物を食べている。産卵期は5-6月であるが、詳しい産卵生態はわかっていない。



 ここ数年で、大きく数を増やした魚。タモロコと比べると、眼が大きくてスマートな体型をしている。