タモロコ(田諸子) Gnathopogon elongatus
コイ目 コイ科 バルブス亜科
* 大きさ 最大で10-12p(中流域)
* 産卵期 4-6月
* 分 布 中流域全般


出会える場所 流れの弱い本流の「わんど」や、支流など、群れていることが多い。ガサガサならば、緩く流れの当たる懐の深いガサガサ。大きなゴミや石の下で群れていることも多い。
良く似た魚 モツゴ・スゴモロコ
飼    育 多摩川で採取できる魚種で、もっとも飼育がし易い。餌付けも楽で多数飼いも可能。
飼育の相性 性格は穏やか、他の魚と競合もほとんど無い。飼育の入門種と言ってもいいだろう。


体色は褐色がかった銀白色で、体側には太い暗色の縦帯がある。多摩川で捕れる「スゴモロコ」と比べて、顔は丸い。口に1対のヒゲがあり、体側に1本の黒く太い線が入る。ずんぐりとした体型をしているのが特徴。
 川岸の流れの緩やかな所や、ため池などの水草や藻の中に住み、水生昆虫や半底性の浮遊動物など、動物性食に偏った「雑食」。産卵期は、日中の水温が18℃を越える4月下旬から始まり6月頃まで続く。5月上旬が産卵のピーク。産卵環境は、本流から細流や水路に入り込み、ガサガサや水草などに1.0o程度の粘着卵を産みつける。卵は 1週間ほどでふ化し、雄雌ともに1年で成魚となり成熟する。
 自然分布は東海地方から西側の淡水域だが、現在は関東平野にも広く分布する。これは1939〜1941年にかけて、東京府水産試験場が移植した種苗が定着したものとされている。

 水槽の中でも、比較的ストレスなく生活してくれる魚で、飼育を開始するならばこの魚から始めると良いスタートを切れますヨ・・・。




 大きな目、ずんぐりと丸い体・・・とても可愛い。体側に黒い帯が入る。モツゴやアブラハヤなどにも入るが、丸い顔と可愛い「ひげ」で見分けられる。学校での飼育でも、子供たちの飼育で充分耐えられる・・・。ぜひ、出会って欲しい魚だ。