トビハゼ(跳鯊)P. modestus
スズキ目ハゼ科トビハゼ属
* 大きさ 8-10p 
* 繁殖期 6〜8月頃
* 分 布 河口域の干潟


出会える場所 初夏から秋口まで、河口域に点在する干潟
飼    育 25%海水で飼育。体を露出できる陸地を作り、水深を深くしない。餌は、冷凍アカムシや、乾燥エビ(クリル)。アロエナ用の乾燥餌も好む。
飼育の相性 多数飼いをすると、縄張りを作り落着かない。単独が好ましい。


※カエルのような顔をして、しかも干潟の上もピョンピョンと跳ます。体は灰褐色。小きな黒点が、まだらに入った地味な魚ですが、干潟では跳ねるのでよく目立ちます。
とても目のいい魚で、陸上てもかなり遠くの危険を察知し、サッサとアシ原に逃げてしまう。危険を感じると上の写真のようにヒレを使って立ち、遠くまで見える形になる。通常は、干潟の上を胸ビレを使って這い回って餌などをとり、主な生活地となる干潟の陸上では「皮膚呼吸」して過ごします。

 春から秋にかけて干潟上で活動、冬は巣穴でじっとしている。潮が満ちてくると、水切りのように水上をピョンピョンと連続ジャンプして水から逃げる習性があり、この名前になりました。

 産卵期は梅雨の頃から夏にかけてで、オスは泥中に巣穴を掘って、メスを呼び込み産卵をさせます。孵化した仔魚は海中で浮遊生活をした後、干潟へ定着します。オスの大半は繁殖後に死にますが、メスは性成熟までに2年かかります。食性は肉食性。

 境省が作成した、「汽水・淡水魚類レッドリスト」では、準絶滅危惧(NT)として指定されている。




 正面から見ると、より高いところから見れるか・・・目が高く突き出すのもそのせいだ。胸ビレちを使って、オットセイ歩きをする。上や下から見ると、ヒレと言うより「手」に近い気がする。




 環境汚染や埋立などによる泥干潟の消失で、特に都市近郊で生息地が減少している。日本の環境省が作成した汽水・淡水魚類レッドリストでは、1999年版で絶滅の恐れのある地域個体群(LP)として「東京湾のトビハゼ」「沖縄本島のトビハゼ」が掲載、されたが、2007年度には、日本全国の「準絶滅危惧」と、嬉しくないランクアップとなった。