トウヨシノボリ Rhinogobius
ハゼ科 ヨシノボリ属
* 大きさ 5-8p 
* 繁殖期 4月下旬〜6月上旬頃
* 分 布 中・上流域
認知度 検索ヒット数 / 93,800 pt   ヨシノボリで検索 385,000 pt
出会える場所 流れのあるガサガサ。繁殖期では、ゴロタの下やゴミの下で卵を守るオスに出会う。
良く似た魚 ヌマチチブ・ウキゴリ
飼    育 一度は飼育したい多摩川の魚、ナンバーワンだろう。我が家にも「ヨッシー」と名の付くトウヨシノボリが居た。餌は肉食に偏るが、乾燥アカムシで餌付く。
飼育の相性 同種で多数飼いする場合は、浮き石を沢山入れる。同種にたいしては、強い縄張り主張があり、弱い魚がすぐに痩せてしまう。他種との相性、コイ科の魚とは上手く住み分けが出来る。気性は荒い。
※体長10pに満たない、ハゼの仲間。多摩川では大型のヨシノボリは居なく、中・下流域で出会うヨシノボリ類は本種しか居ない。体の模様は様々だが、名前が示すように、尻びれの基部に橙色(だいだいいろ)が入る。しかし、それも個体差が大きく無い場合もある。
 本来は、春に産卵し生まれた仔魚は海に下るが、容易に陸封される。多摩川では、おおよそ陸封された暮らしをしているようだ。
 産卵は、オスが流れのある平瀬などで石の下に産卵室を掘り、メスを誘って卵を産ます。卵は孵化するまでオスが面倒を見る。水槽でも環境を作れば容易に産卵〜孵化までを観察できます。

 この魚も、再生した底生生活魚であり、河川の環境を計り知る指標として、長く大切にしたい魚ですネ・・・。





正直言って、かなり「可愛い」。性格は獰猛だが、なんか「ヤンチャ坊主」のようで憎めないなぁー。