スミウキゴリ Gymnogobius petschiliensis
スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ウキゴリ属
* 大きさ 全長で10-11p
* 産卵期 3-4月
* 分 布 中下流域


出会える場所 本流内のトロ場にある「浮き石」や「ゴミ」の下に入ることが多い。春先は卵を産んでいることが多いので、卵が付いていたら元に戻して下さいネ・・・。
良く似た魚 ウキゴリ・ヨシノボリ
飼    育 物陰に隠れるので、浮き石などを入れる。餌は動物食に偏るので「冷凍赤虫」や「乾燥赤虫」を与える。
飼育の相性 攻撃性が強い。同種の多数飼いは避ける。


頭が平たく、くしゃっと潰れ10センチほどになるハゼの仲間です。川の中・下流域から汽水域で暮らし「汽水型」と呼ばれるウキゴリの仲間です。他に上流から中流に棲む「シマウキゴリ」や、中流域に棲む「ウキゴリ」など、三種類に別けられています。中流域ではウキゴリとスミウキゴリが観察でき、見分け方はウキゴリで、第一背ビレの後ろ側に大きな黒色斑が一つ入り、スミウキゴリではそれがありません。
 しかし幼魚の大きさでは、その特長が出ないので、迷ったら・・・エヘヘ、水槽で飼って見て下さい。僕はそうやります。

 流れのある本流内の石の下などで暮らしますが、2007年から始まった「春の調布堰の開門」以来、スミウキゴリは生息域をグンと中流へと伸ばし、現在中流域でも最も多いハゼとなりました。そのせいか、ヨシノボリが極端に少なくなっていますが、きっと競合して上流域に近い場所へと移動したのかも知れませんね・・・。
 開門によって本来のバランスになったのだとしたら、たとえ大好きなヨシノボリに会いづらくなっても仕方ありません。

 スミウキゴリは、水生昆虫やエビ、魚などを食べる魚です。ウキゴリの名前は「浮いているハゼ(ゴリ)」の意味。春、河口域で遡上する大群は、全て浮いてツンツンと泳ぐ姿は可愛いですよ。四月から5月、調布堰下右岸の階段で見れます。

 産卵期は3月中旬〜5月上旬ころで、浮き石の下に入り卵を産みます。孵化した仔魚は川を流れ下りし、翌春再び川を遡行してきます。

 多摩川では、河口から10キロ地点にある「調布取水堰」の春の開門により、近年このウキゴリ類が中流域で爆発的に再生しました。魚道では遡上出来なかった低層魚の復活は、多摩川の再生を物理的障害を無くすことで大きな引き金になりました。しかしこの再生を、開門した東京都も管理者の河川事務所も知りません。知ればとても喜んでもらえると思うと、残念ですネ・・・。




写真はスミウキゴリ。第一せびれに、黒色の班がない。



 ウキゴリ類の幼魚。春の遡上期には体長4pぐらいで、他のウキゴリ類とは判別がつかない。河口から26キロ地点で採取したもの。かなり上流まで遡行しているのが分かる。