多摩川での「環境学習」のオヘソ


学習の環境作り

  子供たちにとって多摩川は大変魅力あふれる場所です。生き物が野生として暮らし、チョット危険な感じが冒険心をくすぐります。別に何もテーマを持たなくても充分に「特別」な場所であり、余す所なく没頭できる場所でもあります。
  しかし、そんなに子供たちを夢中にさせる多摩川ですが、まだまだ学習の場として認知されていない場所です。今でも多くの地域で「良い子は遊ばない」といった場所であり、なるべく近寄らせたがらない「危険」な場所として捉えられています。
  従って、学習を進めるにあたり学校や父母の理解は必ず必要になります。もちろん安全面での配慮は重要なポイントです。誰が見ても「危険」でない、分かり易い「安全」に包み込んだ学習にしなければなりません。

  しかし心配はいりません。多摩川は、すでに日本のどの河川にもない特別な環境を生み出した川です。「河川環境の再生」や「野生生物の復活」。良くなる話題には人心が集まります。多摩川の話題は、すでに全国の話題として紹介されるようになりました。そんな川ほかには有りません。
  あっても、それが実証されたのは多摩川が初めてのことです。多摩川は、紛れも無く日本で初めて「環境再生をした魁(さきがけ)の川」として全国に認知される川なのです。



八王子市立・第十小学校の四年生による「浅川ガサガサ探検隊」。学校が開催した夏休みイベントどの子も、地元浅川で、初めの体験をした。翌年、小学校が格となる「水辺の楽校」準備委員会が発足している。 八王子「浅川」の未来は、小学校の取り組みから生まれている。




  そんな川を地元に持つ小学校で行う学習ですから、ヨソでは出来ない特別な学習が出来ます。良くなる川のありのままを観察し、ありのまま見えた素晴らしさを実感する学習です。それはそのまま子供たちの「ふる里」の記憶として定着し、学習の成果は、地域の誇りとして迎え入れられることになります。
  地域とは子供らの父母です。ヨソでは出せない「ふる里」再生の結果は、そのまま「郷土愛」として受け入れられ認証を得て継続を可能にします。



「俺の時代は、フンドシじゃった・・・」橋の上から見ていたお年より顔は、穏やかに微笑んでいた。




  多摩川塾は、学級の多摩川学習を支援する組織です。母体は流域の小学校教師によるネットワーク。多摩川学習は必ず大きな反響と素晴らしい結果を生みますが、沢山の理解と協力がなければ成立しません。
  たった一人で動き始めるには、あまりに先生に掛る「責任」が大きすぎます。ネットワークが、先生の取り組みを全力で支援します。


  まずは、多摩川学習を開始する前の、開始できる環境作りから始めてください。そして、その最も近道なのが多摩川塾への参加なのです。