2011’多摩川ノート

日本の自然

共存への「間合い」

自然災害の多発国「日本」 人はどのように共存を図ったのか


第二章



山里での共存
土砂崩れや土石流。山と山の隙間で、どのような工夫が生まれているのか

観察期 201142123
観察場所 愛媛県喜多郡内子町 川登・石畳・河内地区
山梨県北都留郡小菅村
長野県安積郡小谷村
検証内容 山村での自然利用と自然災害対策
○ 検証内容 昔ながらの生活形態を残す山間部の山里を訪れ、里山を中心とした土地利用の実態を記録する。また、山地における自然災害への対応を地理環境と合わせ記録、考察する。




(写真05) 山梨県北都留郡小菅村
多摩川源流の近くにある小菅村には、今なお山間部の集落形態が色濃く残っている。東西に伸びた谷筋で、南向きの斜面が生産地として開墾され、集落は川筋に沿い東西へと伸びる。





山村の自然利用

 標高の高い山間部では、四季の違いがはっきりと出る。雪の多い地域では豪雪による被害、大雨や地震では崖崩れなど、多くの自然災害が季節を変えて発生している。
 山間集落では僅かな平坦地を除き、ほとんどが傾斜した土地にあり、生活の基盤を山の傾斜地に同調させる暮らしが営まれる。山の勾配角や、あるいは距離・標高などを有効利用し、それぞれの環境に合わせた生産活動が行われていた。
 土地利用は概ね五つのブロックに分かれる。それぞれに地目名があり、その区分による土地利用はほぼ全国的に共通する。また区分や利用などの違いから、山間集落ならではの自然感や宗教観などを窺うことが出来た。

 以下は、愛媛県喜多郡内子町での自然利用の実態を記録したもの。どのような区間名があり、どのような利用があったか、区間名を(図01)に、利用の内容も個別に書き出してみた。




( 図解01 )  「里の自然利用・土地の敬称」


 集落には、「ヒト」の生活を中心とした7つの区分が存在していた。ライフラインとなる「カワ」から始まり、稲作用地の「タ」。引き続き「イエ」「ニワ」「ミチ」といった生活圏の区分が見られ、傾斜地では「ノラ」「ノベ」「サトヤマ」といった生産のための土地利用区分。

 サトヤマより奥は、「オクヤマ」、さらには「ダケ」と続き、利用から存在への空間区分へと変わる。それぞれ区間別の利用内容は次ぎの通り。






山村の土地区分と敬称

【 田 】 (タ) 稲作用の場所で、水の引きやすい地形を利用している。谷の深さによってまちまちだが、往々にして大きくない。販売する生産量はなく家族で消費する分の生産高であることが多い。
庭 】 (ニワ) 基本的には、畑で行わない農作業をする場所。収穫した野菜類の加工や、米の脱穀など行う。平地が少ない山間部奥地では構えていない家が多い。
【 道 】 (ミチ) 集落を通り抜け人・馬・代車などが移動する場所。下流側の里の入り口となる場所には、庚申塚や馬頭観音などの祠や塚が立つ里が多い。
かつて旅人が持ち込む流行病(ハヤリヤマイ)や疾しい旅人を拒んだ形跡が偲ばれた。
【 家 】 (イエ) 人が寝起き食を取る場所。谷の形状やカワの氾濫具合などで、その位置は様々に移動する。集落に平坦部分が少ないので、耕作地を増やすために傾斜地に構えている場合も多い。
普通は道を挟み両側に並ぶ。敷地内には「ノキシタ」「エンガワ」などの区分もある。


(写真06.07)
内小町川登地区の古民家。「ノキシタ」には、農作業用の小物道具が置かれていた。場所としての使いやすは格別だ。



【野良】 (ノラ) 住居の脇にある、主に野菜などを生産する平坦な場所。平地の有効利用として一坪二坪といった広さのものも多い。作付けされているものは、一般的な葉野菜・根菜類などで、作れるものは何でも栽培されている。

また、山地以外でも一般的に田畑で行う作業を「野良仕事」と呼ぶことがあるが、この場合も、かつては家の近くでの作業を指した。
また言葉の引用として、家庭にも飼い主にも属さない犬や猫のことを、「
野良犬」もしくは「野良猫」とも呼ぶが、これも家の近い外暮らしていることを言い表している。

【野辺】 (ノベ) 野良から続く傾斜地で、耕すと土が流れ落ちるほどの斜面を指すことが多い。耕さずに作れる作物を植える場所として利用。傾斜地だが、サトでは面積がもっとも広く、まとまった収穫物として現金収入へ繋がるものを作ることが多い。

栗やリンゴ
といった果樹から、和紙の原料となる三椏(みつまた)や楮(こうぞ)を植えることもある。時代によって変化しており、桑やお茶が栽培されていることもあった。それぞれ地域の風土気候に合わせたものが選ばれており、多くが地域産物として出荷されている。
【里山】 (サトヤマ) 野辺や野良に続いた、たやすく利用できる樹林地帯。林学上では農用林を意味し、「農家の裏山や丘陵か低山帯に広がる薪炭生産、堆肥や木灰の生産、木材生産など農業を営むのに必要な樹林」とされている。

かつては、コナラやクヌギなどの落葉高木の林が広がる場所で、定期的に人の管理が行われていた。薪や垣にするために柴刈りに入り、椎茸の栽培なども行われていた。

また、里山は個人所有のものはほとんど無く、現地住民らによる集団の管理下に置かれ、里の人間は無償で利用できた。こうした形態の共有地を「入会地(いりあいち)」と呼ぶ。

【奥山】 (オクヤマ) 里山から奥の山地を指す呼び名で、めったに立ち入らない山間部を指す。人里を遠く離れ、熊・猪・鹿の領域となり、狩猟の場。
【 嶽 】 (ダケ・タケ) 霊峰・霊山(れいほう・れいざん/りょうぜん)などとも呼び、人間の立ち入ることの出来ない、神聖視され崇拝の対象となる山。

御岳や富士といった大山では、全国的な山岳信仰の対象となるが、多くの山村では遠く気高い独立峰が対象になる場合が多い。「岳」とも書くが、「嶽」と表記される場合は、多くが信仰対象の山。




(写真08) 昭和41年12月。「ニワ」で干し柿を作る家族。
平坦地の少ない山村の大切な作業場だった。現在では作業場としての価値を失い、車のガレージや倉庫に変わることが多い。写真のような「ニワ」の景色はほとんど見かけなくなっている。







    

「サロン」にもどる