368号  多摩川クラブ トピックス 2017/07/20  28:00発表




まじ? 川崎市の教員研修「ガサガサ」



一番大切な「川の流され方」。流心からの脱出を練習している。・・・でも、楽しそう?



 川崎市の学校の先生には、ちょっと不思議な夏期研修がる。多摩川に入りって、泳いだり魚捕りして「ガハハッ」と笑う研修だ。こんな教職員研修は、日本中探しても無い。いつの間にか定番化している。

 梅雨明けの空が広がった20日。高津区の多摩川に、市内に勤務する小中の教員20名が集まって、その「ガハハッ」とやらをやった。

「ウッソーッ、川底が透き通って見えるッ!」
「驚いたなぁ。まさか対岸まで歩いて渡れるなんて・・・」
「わぁッ!この虫動く・・・何ですかぁこの生き物?」

“単純に川遊びをしたいから”“いやいや授業として活用もしたい”参加の理由も様々。でもどの顔も楽しそう。発見は次々、なかなか終われなくて困った。

 子供たちの前に、まずは先生に好きになってもらいたい・・・川崎市の研修プログラムとなって7年目の夏・・・実りは大きい。





水温が29℃まで上がって、魚もバテバテだ。湧水や水深の深い場所に移動しているか? ん、外来種?野暮な説教はしないヨォ〜だ。




確認できた水生生物

水温 29

魚種(大きさ)

魚種(大きさ)

01

ウグイ稚魚 (34cm)

18

04

モクズガニ (2cm)

3

02

スモールマウス (8cm)

1

05

ヌカエビ (2.5cm)

40

03

スミウキゴリ (511cm)

37

06

ウシガエル オタマ゙ (8cm)

1

06種  100









二子塾進行の詳細

13:45 教育センター集合
 ・受け付け

14:00 開始の挨拶
 ・注意説明 (移動)

実習

14:30 川の体験講習
 ・川に流されてみる
 ・流芯からの脱出
 ・ガサガサ探検

15:15 実習終了
  (センターへ移動)

座学

15:45 教育センター理科室
 ・多摩川学習の環境作り
 ・実践小学校の報告

16:30 終了





後半は座学。この楽しい学習を、どのようにして実践させるか・・・けっこう熱い議論が交わされる。先生は、基本「真面目」。応援せざるを得ない気持ちにさせられる。
前に立つのは、すでに実践を続ける石橋先生。10年前の多摩川塾立ち上げの頃からの参加者だ。素晴らしい話・・・涙が出そうになった。有難うございます。










先生、お疲れ様でした。子供たちを、宜しくお願いします。





 詳細

開催日 0720日 1400分〜1630
場 所 川崎市高津区・246号線下の平瀬
○主 催 川崎市教育委員会・教育センター
○参加者 川崎市勤務の教職員 19名
○協  力 多摩川塾
指 導 塾長・中本賢


多摩川クラブ