西洋油菜 セイヨウアブラナrapeseed

「必ず食べておきたい土手菜」

アブラナ科 アブラナ属

撮影日 2009年04月23日
見ごろ 4月中旬
撮影地 川崎市幸区・宿河町



分布の中心  陽当たりの良い「水辺〜土手」


出会える度数 ●●●○○

良く見る花の高さ 胸( 80〜100p)







特    長 大群落を作るのは稀、セイヨウカラシナに混じって所々に咲く。花の形はセイヨウカラシナと良く似るが一回り大きい。葉には切れ込みのないシャモジ型、付け根で茎を巻きます。
名前の由来 菜種油を取るため。在来型よりも油量が多く、明治時代に移入された。多摩川ではどちらも見られる。
生    活 秋に発芽、ロゼットで冬を越す一年草。
分    布 多摩川では、栽培地が近い地域に在来型が多い。日野市より上流側や右岸川崎側の中原区〜幸区の辺り。ヨーロッパ原産
利    用 食べる土手菜。
環    境 種が供給される場所では、水辺から土手の至る所で花を付ける。中流以下では、流下して来るタネにより、より水辺で多い。
花  言  葉 快活」




梅雨入りの頃のセイヨウカラシナ。結実したサヤの中には、直径1ミリ程度の黒いタネが並んで入る。




ひと言

 四月に入った多摩川河原、桜が散り始めると河原のあちこちに、黄色の群落が現れます。春の黄色は、なんとも言えない情感を生みますねぇ。多摩川水系だと、世田谷の野川なんか「まっ黄黄」になりますよネ・・・。

 「菜の花」とは植物学上の用語ではなく、アブラナ科のアブラナ属植物を総称した呼び名です。多摩川の河川敷などで見られる菜の花は、「セイヨウアブラナ」、「セイヨウカラシナ」がほとんどですが、食卓でお馴染みのカブやハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなども菜の花の仲間です。

 長く人に利用されてきた植物ですから、ある時は「畑」でまたある時には「空き地」や「緑地公園」と言うふうに、様々な場所で目にふれる花です。簡単に交雑するので見分けが難しいですが、多摩川の「土手菜」としては超一流の味なので、見つけたら必ず食べましょうッ!




四月上旬の河原。土手の桜と河原の「菜花」。春の色彩が満開となります。








写真で解説 「アブラナ」と「カラシナ」の違い

 多摩川流域でアブラナ系の菜の花と言えば、畑で咲く「のらぼうな菜」や河原の「セイヨウアブラナ」、河原一辺倒の「セイヨウカラシナ」が一般的。遠目には、どれも同じに見える黄色い花ですが、良く見るとずい分違いますヨ。食べて美味しい「アブラナ」の見分け方はコチラです。


「セイヨウ・アブラナ」「セイヨウ・カラシナ」の見分け方

 日野市の河原で、偶然並んで咲いてたツーショット。左「セイヨウアブラナ」と、右「セイヨウカラシナ」。アブラナは背が高くならず横に太く広がる。一方カラシナは背を高くし花が上部に集まる傾向が強い。開花はアブラナの方が二週間ほど早いけど、やっぱり遠めじゃ区別がつきません、背丈もいろいろ。まぁ、シュルエットとして、こんな感じのバランスで見かけることが多い。
 同じく、左「セイヨウアブラナ」と、右「セイヨウカラシナ」。アブラナの方が花が大きい。決定的な葉っぱの違いで見分けると簡単です。
「セイヨウアブラナ」の葉。葉にギザギザがなく、茎を巻き込んでスルッとスマートに伸びる。 「セイヨウカラシナ」の葉。切れ込みが大きく入り、廻りがギザギサ。




・・・いかが、見分け付きそうでしょ?

 「土手菜」として、利用の仕方違うので、見分けるのは結構重要・・・。両者の味としては、セイヨウアブラナの花序や若芽は、すでに食用にするために各地で生産されているので味は補償付きですネ。

 若葉や蕾をフライパンで炒めても、お浸しにしても美味しい。味は、アブラナはクセがなくひたすら美味しく、カラシナはピリっと美味しい。ちなみに家の奥様はカラシナの方が断然美味しいとのコト。たくさんは食べれませんが、お酒好きにはいいようですねぇ。アクの消された優等野菜に馴らされた現代人には、いい刺激かも知れませんネ?

 いずれも、湯がいた後に水にしばらく晒すのがコツ。使い道を考えて、「土手菜」デビューを飾って下さいネ。