アユ(鮎) Plecoglossus altivelis altivelis
キュウリウオ目・アユ科
* 大きさ 最大で25-30p
* 産卵期 10-11月
* 分 布 中流域全般


出会える場所 春の遡上期は、中下流域にあるダムなどの人工物で跳ねる若魚が見れる。夏以降は、本流の流心近くを泳いでいる。「釣り」もしくは「投網」などで出会える。
良く似た魚 該当なし
飼    育 解禁6月1日頃の若アユから、水槽や生簀などで飼育は可能。餌は特殊な餌が必要。水質管理も重要だが、それほど難しくはない。縄張り意識が高いので、水槽内に適度な密度を作る必要があり、給餌方法など偏らないようにする。
飼育の相性 気性が荒く、同じ中層魚を入れるといじめられる。底に落ちた餌は食べないので、フナやドジョウを入れておくと良い。


※多摩川では再生する環境のシンボル的な魚。1970年代に絶えた魚種だが、1990年代に復活する。現在は毎年100万匹を超える遡上が確認されている。川魚として有名だが、海と川を行き来する回遊魚で、寿命が一年しかない。
 散ぎわが鮮やかな「桜の花」に等しく、短く華やかなその魚生にいとおしさを感じる日本人は多い。日本ではもっともポピュラーナ川魚だろう。

 
成魚では全長は30cmに達することもある。多摩川では、1990年ころには「尺アユ」が沢山いた。水質が良くなるごとに、大きなアユが少なくなっているが理由は分からない。若魚ではは全身が灰緑色で背鰭が黒、夏に入ると胸びれの後方に大きな黄色の楕円形斑が出てくる。秋に成熟すると橙色と黒の婚姻色が発現する。口は大きく目の下まで裂けるが、唇は柔らかい。川底の石などに付く珪藻類をはぐようにして食べる。

 
産卵は川の下流域で、10月-11月頃砂や小石の多い浅瀬に集まり集団で産卵する。孵化した仔稚魚はそのまま流下して、河口沿岸域で冬を過ごし、翌春再び若魚となって川を遡る。



 多摩川の再生を、大きく知らせることになった「多摩川アユ」。他の魚種では伝わらない、特別な思いを産む、不思議な魚だ。しかし、今だ美味しく食べれる処にはたどり着いていない。流域の更なる努力を期待したい。




その他の資料

タイトル テーマ 内容
「多摩川のアユは、
何処で産卵しているのか」
多摩川アユ・産卵生態 ※10年に渡った「多摩川アユ」の生態観察。そこで知りえた多摩川アユの全てをまとめてみました。

「アユの里親学習」
Step-2 アユの飼育

多摩川アユの飼育 ※多摩川アユの飼育について説明していまする