ギバチ Pseudobagrus tokiensis 
ナマズ目 ギギ科 ギバチ属
* 大きさ 15-23p 
* 繁殖期 5月下旬から初夏頃まで
* 分 布 中・上流域


出会える場所 夏から秋口。中・上流域の平瀬やトロ場にある、ガサガサやゴロタ下。
飼    育 幼魚期のみ飼育可能。
飼育の相性 一種で単独飼育。


※ぱっと見ると「ナマズ」の子どものように見える。ナマズの幼魚に比べると、ズングリむっくりしていて、ヒゲの長さや形も違っていて、直ぐに区別がつきます。
 体色は茶褐色〜黒褐色で鱗はありません。上下の顎から2対ずつ合計8本の口ひげがあり、胸びれと背びれにある合計3本の棘には毒があり、刺されるとすごく痛い。手のひらに乗せるのは可能ですが、握ると「バチッ」って激しく刺されて痛い思いをします。気をつけて下さい。
 幼魚時には、黄色味を帯びた斑紋が出て、とても可愛らしいです。

 多摩川では、上流域の支流のみに生息していましたが、中流域の環境が改善されるに連れて、生息域を下流域へと広げています。しかし、水質が改善しても、産卵に適した環境が少なく、中流域のギバチはまだまだ多くはありません。

 昼間は、浮き石やガサガサの中に潜んでいて、夜に活動を開始します。水生昆虫や小魚などを食べ、結構獰猛な性格をしています。日本の固有種。

絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)





 正面から見ると、ものすごく可愛い顔をしている。下から見ると分かるが、髭は8本ある。台風の過ぎた9月頃、世田谷の二子橋辺りまで、流されたギバチがガサガサで入る。繁殖可能な環境があれば、年を越して産卵までに至るが・・・稀なのが残念だ。






サロン・エッセイに、多摩川ギバチの詳細があります。

サロンエッセイ 「東京ギバチ」を見る