マルタウグイ Tribolodon brandti
コイ目 コイ科 ウグイ亜科
* 大きさ 最大で60
* 産卵期 4-5月
* 分 布 河口沿岸域


出会える場所 仔魚や幼魚は、夏場まで「わんど」などの止水域にあるガサガサ。成魚は淵尻のトロ場など、餌となる流下物が着床する付近。
良く似た魚 ウグイ・ニゴイ
飼    育 成魚での飼育は、海水塩を使用して、濃度30%前後の海水を作る必要がある。卵から孵化させた場合、体長8pほどまでは淡水飼育が可能。餌は幼魚の場合で、川魚用餌で間に合う。
飼育の相性 幼魚では、他の魚と競合が少ない。


※マルタウグイはコイ科の魚で「ウグイ」の近縁種。ウグイと良くにた体型だが、成魚はウグイより大型になる。ウグイとの見分け方としては、繁殖期の婚姻色がウグイが2本であるのに対し、マルタは1本。
 産卵は川の下流域にある平瀬で行い、初夏までは河川内に残り成長します。梅雨の増水に乗って、若魚は河口域の汽水に入り、約3年で性成熟。成熟したマルタウグイは全長で50pにまで達しって、やたらとデカイです。多摩川では2月の下旬頃から春雨による呼び水に答えるようにして、遡上を開始。産卵は、主に河口から26キロ地点までにある、平瀬で大きな産卵群を形成し行います。
 産卵時に上がる水しぶきは、産卵行為によるものでなく、生み出された卵を食べに寄った同種のマルタウグイが頭を突っ込み卵を食べるとで上がっています。。多摩川では、再生する「回遊魚」として象徴的な魚のひとつ、産卵は優しく見守ってほしい魚種です。日本では東京都以北の太平洋側、富山県以北の日本海側に分布します。




 まだ寒い春先に大挙遡上して産卵群を作るマルタウグイは、多摩川の「川はじめ」を知らせる風物詩でもある。



 平瀬に産卵に集まったマルタウグイ。産卵は、他の魚種と等しく仰け反って行われる。



 石の裏側に残った「卵」。表面に付いた卵や流れた卵は、同種の仲間に全て食べられてしまう。野生は、凄いなぁ・・・。




その他の資料

タイトル テーマ 内容
01'「マルタウグイの産卵観察 マルタの産卵生態観察 ※多摩川で行った産卵の生態調査です。産卵生態や産卵水域について報告があります。
06'「マルタウグイの孵化観察 マルタの「卵」発生観察 ※「卵」観察です。マルタウグイの卵数・孵化生態などを観察します。