多摩川塾

多摩川@Juku


 多摩川は実にオモシロイ場所です。行けば行くほど、知れば知るほど面白くなるのは、他には無い感動の事実と出会うからなのかも知れませんネ・・・。特別な自然はありません。でも、良くなる「普通」にありふれています。やっぱ楽しいですよね。ココでは、子供たちと一緒に学べるテーマを紹介します。
 
・・・実は、いずれ「魚捕りが上手いチョット変な先生」で一杯にしてやろう・・・と、目論むしだいなのでアリマス。どうです?公私ともども本気で楽しめる学習始めてみませんか・・・?
塾長 中本 賢


都市河川での安全対策


 川を知らずに入るのは危険。人工物の多い多摩川には、どんな危険が潜んでいるのか・・・具体的な例を紹介します。




学習の準備

 多摩川学習は、多くの理解が必要です。指導計画を作成する前に、ぜひ一度読んでおいて下さい。・・・願いはこんなトコロにあります。
#1 学習の環境作り
#4 現場学習のキーワード
#2 テーマの選び方
#5 多摩川の学習
#3 学習のスタイル
#6 なぜ多摩川なの?




さあッ、始めようッ! 多摩川環境指導ガイド

 学習に適切な学年別のテーマを提案します。単年度の取り組みではなく、継続を念頭に入れたプランです。




その他のテーマ集

 現在、子供たちとやっているテーマです。そのままでも、ヒントとして使うのでも結構、キッカケとしてご利用下さい。

学習名 期 間 場 所 内 容
河原の観察
春探し「地熱探検隊ッ」
01月下旬〜
02月上旬マデ
土手から河原 春は地面の温もりから始まります。最初にやって来る春を、温度計を使いながら探します。(3〜4年生向き)
多摩川のコイ学習
「コイはモサモサ」
04月下旬〜
翌春マデ
教室と河原 四季の学習です。コイの産卵を観察し、孵化を観察します。飼育と放流を追って、コイを入り口にした長期学習です。(3〜4年生向き)
河原の観察
「ヤブでバッタリ・バッタ捕りッ」
09月下旬〜
11月下旬マデ
河原の草原 河原の草原。枯れ落ちて、春には芽生えて・・・そんな草原でガサガサ探検ッ。バッタ捕りで、四季のうつろいを感じます。(3〜4年生向き)
河原の観察
「川上さんの贈り物」
10月下旬〜
05月下旬マデ
河原の
吹き溜まり
台風で増水した河原には、上流からイロイロな物が流れ着いています。河原の漂着物から、上流の様子を伺います。(3〜4年生向き)
多摩川アユ学習
「アユ卵の里親学習」
11月下旬〜
翌春04月マデ
教室と河原 アユの飼育と、卵の採取。受精卵を各児童が自宅に持ち帰り、孵化させ放流します。アユの生と死に深く関わり、再生する多摩川を感じます。(4〜6年生向き)
Step-1Step-2
Step-3Step-4
Step-5Step-6





・・・そろそろ行きますか?「ガサ入れ・テクニック」

 昔からずっとやっていた・・・てな感じがグーです。魚が捕れる先生は、文句なしに子供たちから尊敬されますヨ。
テクニック 期 間 内 容
05月下旬〜
10月下旬マテ
※ガサ入れの基本は、ガサガサです。コツを覚えると、どんな水辺でも通用しますヨ・・・。
6月上旬〜
10月マデ
※先生方の憧れ・・・投網。一見難しそうですが、とても簡単。女性でも投げられます。これが出来ると、子供に「ひと目」置かれること請け合い。




君は、いったいダレ?「多摩川いきもの図鑑」










多摩川塾は、こんな感じで毎回開催しています。ご参考までに・・・

※2007〜2010年マデ








サロンにもどる