2011’多摩川ノート

自然との共存「マアイ」の形

自然災害の多発国「日本」
人はどのように共存を図ったか


第三章



川辺の暮らし

沖積平野を襲う洪水などの水害。人々は川と、どのような折り合いをつけたのか

観察期 2011年6月24日〜
観察場所 静岡県焼津市・島田市内の 「舟形屋敷」と、大井川の水防施設
愛知県名古屋市南区長島町 輪中地域と「水屋」
検証内容 河川下流部に広がる洪水常襲地帯での、防災施設と生活の記録
○ 検証内容 昔ながらの生活形態を残す集落を訪れ、観察と聞き取りを行う。




(写真01) 洪水の常襲地帯、静岡県焼津市上新田に残る「舟形屋敷」
大井川の下流部に建つ家屋、船の形をしている。右が船首部で、洪水方向に向いている。流れてくる洪水の威力を船形で「いなし」、居住施設へのダメージを弱めるための形だ。洪水に襲われることを前提とした暮らし方で、かつては付近一帯の家が舟形屋敷だった。しかし、大井川本線の堤がコンクリート化した頃から消え始め、現在では数軒を残すだけとなっている。





沖積平野の自然

 日本の平野は、その多くが河川の堆積作用により形成された沖積平野である。このため平野の発達には、それぞれ河川の持つ性質が強く反映される。
 また平野前面が海に開ける沖積低地では、川の影響のみならず海の影響も大きく、高潮災害や洪水被害などの危険を持つ環境と言える。


 このような沖積平野でも、災害に対する危機管理は変化しつつある。現在では高い技術とハイテクを駆使したシステムが管理。それまでの取り組みの多くが地域から離れ、国による一括の管理へと変わっている。しかし洪水の被害が、無くなったわけではない。
 かつて、防災の主役が住民だった頃、人々はどのように災害と向き合い、どのような「暮らし」を編み出していたのだろう。

 “箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川”と唄われ、暴れ川として全国にその名を知られた大井川。背後には一万尺の「赤石山脈」がそびえ、前には最深部水深2500mの日本一深い湾「駿河湾」が広がる。
 この巨大な海と山に挟まれた平野を流れるのが大井川だ。

 中上流部の年間降水量が3,000mmを越える(全国の年間降水量は約1,700mm)多雨地域に端を発し、急流はそのまま平野部へと向かい人々の暮らしを脅かし続けてきた。この洪水多発地域の「川辺の暮らし」を尋ねてみた。



(写真02) 駿河湾上空から見た「大井川」と「河口扇状地」
 大井川は幹川流路延長168km(全国一級水系中第16位)、それに対し流域面積が1,280km2(全国第51位)と、川の長さに対する集水面積がきわめて狭く支川が少ない。
 しかし日本を代表する多雨地帯の川でもあり、広く静岡県中部の利水需要を賄う。その一方で、溢れ出た水流は多くの洪水被害をもたらす。

 源流部から河口まで、約3,000mの標高差がある。大雨の際には短時間で水位が上昇し、災害を大きくする特長を持つ。






洪水との共存

 大井川河口扇状地は、大井川の度重なる乱流によって生まれた地形。まだ堤防のない時代、大井川は一筋の川でなく、幾筋かに分派して流れていた。扇状地上には、旧河道が網の目のように走り、かつての乱流の激しさを物語っている。
 この扇状地に、現在のような集落形態が完成されたのは、戦国時代末期から江戸時代にかけて行われた新田開発の頃にまでさかのぼる。乱流はこのような集落にも度々襲いかかり、少なからず被害を与え続けた。

 大井川の水害の特徴は、何といっても、洪水流の速さと土砂や流木の混じる濁流被害の大きさだ。この濁流との激突により、堤防が破壊されてしまう。江戸時代以降、記録に残るだけでも濁流による破堤は98カ所にのぼり、洪水被害を甚大にして来た。

 このため住民たちは、大井川本流の堤に頼らない、独自な防災文化を編み出している。本川の堤が破堤した場合の備えとして、集落ごとの築堤(輪中堤防)や、個々では防災住宅「舟形屋敷」や「三角屋敷」などを構えるなど、縦横の対策が採られ洪水と共存する暮らしを発展させている。


(図解01) 大井川の洪水地帯に広がる「舟形屋敷」の配置
大井川の左は「牧ノ原台地」。扇状地は川の東側へと大きく張り出すが、大井川は西側に大きくカーブする。
破提するのもこの付近が多く、濁流はそこから下流側の村落を襲った。

扇状地の頂上部では、より強固な築堤が重ねられると共に「水神・大井神社」が祭られている。点在する舟形屋敷きも、洪水流の方向となる大井神社方向へと向って建っている。






    

「サロン」にもどる