2011’多摩川ノート

自然との共存「マアイ」の形

自然災害の多発国「日本」
人はどのように共存を図ったか


第四章



海辺の暮らし

世界一の漁場は、地球の自然と対峙する場所だった

観察期 2011年4月14日〜7月7日まで
観察場所 岩手県宮古市田老字・田老地区岩手県宮古市大字重茂字・姉吉地区/宮城県石巻市雄月町・明神地区宮城県気仙沼市唐桑町・宿浦地区
検証内容 東日本大震災で発生した津波と、海サトの防災対策と結果の検証
○ 検証内容 現地視察と聞き取り




(写真01) 高さ10m、岩手県宮古市の田老地区で、住民の安心を担っていた「万里の長城」ことスーパー防潮堤。





(1)海サトの自然


海洋生物・世界一の海

 日本は海に囲まれた島国。また沿岸地形は入り組み、総延長では約35,000kmにも及ぶ。国土を囲む海は、よその海域から流れ込む暖流や寒流によって豊かな海産資源が集まり、漁場としての高い魅力は、長く日本の生活文化を育む存在で居続けている。

 昨年8月にアメリカで発表された、世界80力国、2千人以上の研究者が参加する国際研究「世界各海域の生物種数」の結果によると、日本の排他的経済水域(EEZ)の海で確認された生物種類数は、計3万3629種類にのぼる。日本のEEZは世界の海の0.9%でしかなのに、世界で確認できた全種数約23万種の14.6%を占めた。
 新聞各紙が報じた「日本近海の海洋生物の種数は世界1」は、改めて日本の海の豊かさを実感させられるニュースとなった。



図01日本近海の海流と魚種

日本の近海では、海流がぶつかりプランクトンが大量に発生するため、他の海域からも多くの魚種が集まり、これまで日本の様々な漁業を発達させてきた。中でも太平洋側の東北沖合いは、黒潮と親潮がぶつかり合う良漁場。世界三大漁場の1つ、「三陸沖」として世界にも知られる存在だ。

現在、日本の漁獲量は年間600万トン(2005) 。しかし1980年代には1200万トンに達した頃もあり、1991年まで長く漁獲量でも世界一を誇っていた。・・・日本が、いかに海洋国家であるかが解る。

出典:大日本水産会「海洋大百科」




 海がもたらす豊かな海産資源は、我々の様々な生活文化を育んだ。しかし私たちの国土は、自然の「豊かさ」がイコール安定した生活を提供する環境とは成りにくい特徴を持っている。
 ここまで見てきた「山」や「川」での暮らしのように、その豊かさを獲得するためには、まずは直面する「厳しい自然」との共存を可能にしなければならない。

海は途方もなく大きな自然。豊かさも厳しさも、国や地域を越える彼方からやって来る。世界一豊かな海に隣り合わせる海サトの厳しい自然とは、いったいどのような自然なのだろう・・・。







地震災害・世界一の国土

 地球上で起きるM6以上の地震の内、約4回に1回が日本の国土と近海の海で起きている。海サトに、繰り返し壊滅的な被害をもたらす「津波」は、そんな国土の地理的条件が生み出す。恐々に調べてみると、私たちの国土が世界にも類例のない複雑な地殻の上にあることが分かった。


02日本の地殻構造

「プレート」とは、地球の“かさぶた”のようなもの。マントルが、沸騰するお湯のように内側から沸きあがり、表面に出て冷えてはまた沈む・・・厚さ30〜50km(最大100km程度) ほどのプレートが、そんな運動を繰り返している。

地球を覆うプレートは、全部で10数枚。日本列島はそのうち4枚のプレートの衝突部上にある。境界線では異なるプレートが、複雑にせめぎ合う場所となり、巨大な「歪み」ストレスを生んでいる。耐えられなくなれば、地震を起こし解消する。巨大地震の多くは、このプレートが沈む場所と生まれる場所で発生している。

出典:全国地質調査業協会連合会 「脆弱な日本列島」



 強い歪みは、国土のあちらこちらに亀裂を作る。国内に地震を起こす可能性がある「活断層」は、約2,000ある。活断層マップを眺めると、実は安心して暮らせる場所は意外と少ない。明治以降に起きた、過去140年間の地震・津波被害をまとめると、その「厳しい自然」が垣間見えてきた。


01過去の地震・津波被害

明治以降、我が国で100人以上の死者・行方不明者を出した地震・津波

発生年月日


(*1)

地震名

死者
行方不明者

最大
震度
(*3)

最大震度を
観測した観測点
(地方)

明治5(1872)年3月14日 浜田地震 死者 約550 不明 -
明治24(1891)年10月28日 8.0 濃尾地震 死者 7,273 - - 岐阜、愛知、滋賀ほか
明治27(1894)年10月22日 7.0 庄内地震 死者 726 - (5) 山形県の西部
明治29(1896)年6月15日 8.2 明治三陸地震 死者 21,959 (2〜3) 岩手県を中心に東北地
明治29(1896)年8月31日 7.2 陸羽地震 死者 209 - (5) 秋田、岩手ほか
大正12(1923)年9月1日 7.9 関東大震災 死・不明10万5千余 (6) 東京都など6点
大正14(1925)年5月23日 6.8 北但馬地震 死者 428 - (6) 兵庫県 豊岡
昭和2(1927)年3月7日 7.3 北丹後地震 死者 2,925 6 京都府 宮津測候所など
昭和5(1930)年11月26日 7.3 北伊豆地震 死者 272 - 6 静岡県 三島市東本町
昭和8(1933)年3月3日 8.1 昭和三陸地震 死・不明 3,064 5 岩手県 宮古市など6点
昭和18(1943)年9月10日 7.2 鳥取地震 死者 1,083 - 6 鳥取県 鳥取市吉方
昭和19(1944)年12月7日 7.9 東南海地震 死・不明 1,223 6 三重県 津市島崎町
昭和20(1945)年1月13日 6.8 三河地震 死者 2,306 5 三重県 津市島崎町
昭和21(1946)年12月21日 8.0 南海地震 死者 1,330 5 和歌山県・など17点
昭和23(1948)年6月28日 7.1 福井地震 死者 3,769 - 6 福井県 福井市豊島
昭和35(1960)年5月23日 9.5* チリ地震津波 死・不明 142 - 震度1以上地点なし
昭和58(1983)年5月26日 7.7 日本海中部地震 死者 104 5 秋田県 秋田市など3点
平成5(1993)年7月12日 7.8 北海道南西沖地震 死・不明 230 5 北海道 寿都町など4点
平成7(1995)年1月17日 7.3 阪神・淡路大震災 死・不明 6,437 7 神戸市等阪神淡路地域
平成23(2011)年3月11日 9.0 東日本大震災 死・不明 20,349 7 宮城県を中心に東日本

*地震の規模(マグニチュード)、ただしチリ地震津波はモーメントマグニチュード。*2被害数は理科年表、総務省消防庁の資料による。*1925年以前の地震の震度については気象庁の震度データベースには収録されていない。これらの地震の最大震度については、地震報告・地震年報・気象要覧(中央気象台)によるものを括弧付きで掲載。なおこの期間の震度は、微・弱・強・烈の階級で記載してあるので、これに対応する震度を、1〜6におきかえて表現してある。*東日本大震災については、8月18日現在の資料で、追加記入。

気象庁 気象統計情報を元に筆者作成



 記録は生々しい事実を伝える。明治以降の140年間に、被害の甚大だった地震は20回も起きている。その内、津波を起こしたのは13回。さらに、死者不明者数を合計すると、17万9,275人という恐ろしい数になった。
 
 頻度はどれくらいなのだろう・・・被害の大きい地震は7年に1回、そして津波は10.8年に1回の割合で、日本沿岸域の海サトを襲っている。それは、今後も止むことなく続くことになる。






    

「サロン」にもどる