S−エッセイ


 近くに川があると、色々な心配が生まれます。災害の恐ろしさ・事故の怖さ、そして汚れた水や河原のゴミ・・・川は怖くて汚い場所でした。
 今、川を取り巻く意識は大きく変わろうとしています。近くに在って「悪い事」を心配するだけでなく、近くに在るから出会える「良い事」も探し出し、積極的に関わりを持つ努力をする。そんな多摩川との「関わり」を書き留めてみました・・・。


巻頭 コラム
近くて遠い川
書き下ろしコラム 2004年07月03日
川は死なない 書き下ろしコラム 2005年07月24日


サロン Essay
#01 川あそび ※アウトドア雑誌に寄稿したエッセイです。アウトドアブーム絶頂期の最中、内容がずい分ズレていますネ・・・。 2001年02月06日
#02 アユ自慢 ※ふる里を思い出すとき、子どもの頃に見ていた風景が入り口になる事があります。里山に里川・・・変っても変らない「モノ」・・・。釣り雑誌に寄稿したエッセイです。 2002年03月29日
#03 東京ギバチ ※絶滅を心配された「魚」を、多摩川で偶然見つけてしまいました。・・・どっからやって来たのだろう。1人調査の報告です。 2001年07月08日
#04 春のマルタ祭り ※魚から見る多摩川の再生は、凄いスピードでに感じます。保護ではなく、利用により理解を深める・・・「遊び」は様々を伝えてくれます。雑誌・寄稿エッセイです。 2003年04月02日
#05 野山のあそこ ※一足五万円の靴が主流でした。アウトドアが、まだ物欲を満たすだけのブームの頃、こんな原稿は見向きもされませんでした。ん?・・・今もか。テレビ局から出版された、単行本への寄稿文です。 1996年02月24日
#06 ちょきちょき Live ※「床屋」でライブ・・・?紙芝居興行の始まりはここからでした。釣り雑誌に寄稿したエッセイです。 2003年04月20日
#07 半ズボンを
はいた好奇心
※アウトドアメーカーの会員向け小冊子への寄稿文・・・チョト、皮肉ってしまいました。・・・ごめんなさい。 2008年12月11日
#08 モノサシ ※河川団体の機関紙?、今、僕の中で一番「ムーブメント」の話題でス・・・。 2008年12月14日





G−エッセイ


 最近、よく聞かれる困った質問 「多摩川に、なぜ夢中になったんですか?」。う〜ん、答えられない。今さら何故だったか思い出せないし・・・。あえて言うなら「面白いから・・・?」。聞き手がポカンとしてる。矢継ぎ早に、次の質問。
 「では、多摩川の一番よい所は?」。う〜ん、これも難しい。じゃ、「近いから・・・?」。これも期待されない答えらしい。
  そう言えば、どうして夢中になったんだろう・・・フムフム。
 なるほどッ!始まりはそんな事からでした。だれにでも在る小さな入り口「好奇心」。まずは「単行本」化されたエッセイから・・


「男はいつでも半ズボン」  1993年 7月 5日・発刊
01 「岸辺の変人 10「カブト虫 19「サツキマスのいた川
02 「通学探検隊 11「健康家族 20「んだッ
03 「コツコツ・ドカーン 12「手長エビ 21「おしゃべり英語缶
04 「岸辺の家族 13「ふかしイモ」 22「天に通じた道
05 「パラボナアンテナ 14「川釣り 23「僕の細道
06 「家族旅行 15「素潜り 24「隅田川カヌーツーリング
07 「中アジのタタキ 16「二月一日 25「雪山登山
08 「裏山登山 17「アマゴ谷 26「東京大空襲」「歩調減速
09 「多摩川水族館 18「もくずガニ 27「おとーさんの半ズボン」



多摩川自然遊び「ガサガサ」  1999年 7月 1日・発刊
01 「ワルガキのマエガキ」 10「ご近所アソビ 19「ガサガサ
02「川あそび 11「カエルの子」 20「天才少年の落し物
03「多摩川水族館 12「春山登山」 21「雑な談
04 「たがやす 13「写真機」 22「野川ガサガサ」
05「たがやす・そのA 14「マイ・フランキー2号 23「川初め」
06 「ハツカの里帰り 15「川あそび・郡上八幡」
07「台風五号」 16「春一番」
08「多摩川のポンポコリン 17「鮎ハ喰エネド高楊枝」
09「ため糞なワケ 18「ヘイッ・タクシー






N−エッセイ


 1991〜2004年の間に、活字媒体等にて発表した「エッセイ」です。読み返すとチョット古臭い話ばかりですが、いずれもたった1人で行なっていた集中観察で得た、興奮や感動が書いてあります・・・。あ〜、まだ若き30代の「お父さん」の頃でした・・・。


「フライの雑誌
連載年月日 1991年09月〜2004年06月
発行形態 年4回発行・自主流通
掲載形態 随筆・エッセイ
※多摩川について、初めて発表した連載でした。 その後のテレビ等の出演は、この連載を読んでくれていたテレビデレクターさんの声掛けが、全てのキッカケとなりました。
#01 動機は不純だった・・・ 1991年09月 発表 #19 思えば遠くへ来たもんだ 1998年03月 発表
#02 虹男くんの自殺 1991年12月 発表 #20 銚子側のユラユラ帯 1998年06月 発表
#03 渋谷ハチ公前にて 1992年06月 発表 #21 水際のマジリン場」 1998年09月 発表
#04 多摩川水族館 1993年06月 発表 #22 多摩川ユラユラ事情 1998年12月 発表
#05 一網打尽」 1994年03月 発表 #23 田んぼガサガサ 1999年03月 発表
#06 川の顔 1994年06月 発表 #24 多摩川変人クラブ 1999年06月 発表
#07 パンツの裏側 1994年09月 発表 #25 上流ガサガサ 1999年09月 発表
#08 雑ッエンターテイメント 1994年12月 発表 #26 沢もうで 1999年10月 発表
#09 本タモ紀行@」 1995年03月 発表 #37 春一番 1999年12月 発表
#10 日本タモ紀行A 1995年06月 発表 #28 拝啓・工事事務所所長様 2000年06月 発表
#11 祝・闇からの生還 1995年09月 発表 #29 多摩川な味 2000年09月 発表
#12 ガチョーン! 1996年06月 発表 #30 多摩川アユの産卵探し 2000年12月 発表
#13 コイはモサモサ 1996年09月 発表 #31 多摩川のマルタウグイ 2001年03月 発表
#14 多摩川のポンポコリン 1996年09月 発表 #32 多摩川のオイカワ 2001年06月 発表
#15 銚子川・後ろから前から 1997年03月 発表 #33 多摩川イワナの産卵観察」 2001年09月 発表
#16 マイ・フランキー 1997年06月 発表 #34 メダカと僕と・・・潮汐関係 2001年12月 発表
#17 アーユー・OK? 1997年09月 発表 #35 マルタにまつわるエトセトラ」 2002年03月 発表
#18 スーパーカブ男 1997年12月 発表




「野山のあそこ」
連載年月日
1999年09月〜2002年01月
発行形態
年4回発行・自主流通
掲載形態
随筆・紀行文
※むむむ・・・美術雑誌です。挿絵とエッセイで見開き2ページの連載でした。
 紀行文です。
連載年月日
2002年07月〜2004年03月
発行形態
年2回発行・つり人社、雑誌
掲載形態
随筆・紀行文
※相変わらず、つり雑誌なのに釣りの話を書いていません・・・。 写真がとてもイイッです。
#01 とばの底」  三重・南鳥羽
#02 大正帽 高知・仁淀川
#03 尺イワナ 飛騨・西洞川
#04 イモ煮会 愛知・瀬戸市
#05 伊豆の川釣り 静岡・中伊豆
#06 冬支度 長野・阿南町
#07
#08 海女の夏 三重・鳥羽
#09 七草 奈良・曽爾高原
#10 山桜 三重・伊勢
#11 峡谷の爪痕 岐阜・北恵那
#12 丘の春風 岐阜・北恵那
#13 高枕 愛知・音羽
#14 川またぎ 愛知・三河
#15 長島のアフリカーナ 愛知・長島町
#16 山景色 愛知・長島町
#17 うさぎの一夜 静岡・富士宮
#01 ユラユラ観察 三重・海山町
#02 海を泳ぐメダカ 三重・南東町
#03 旅はスタイル 新潟・鳥海山
#04
#05
Mails
#01 春さがし 千葉・佐倉
#02 湯けむり旅情 静岡・伊豆
釣り人
#01 野川ガサガサ    2001.08.12
#02 増水観察    2001.09.23






隊長の探検日記


  多摩川には、面白い探検がいっぱいあるんだ。隊長がこれまで観察したレポートを紹介するネッ!
 面白い探検をする秘けつはただひとつ、「面白がること」。面白いと思えば、実は何でも面白いのだ。ヒントになるような探検を紹介するね・・・。



探検日記
1. 春の草花観察 6. 増水観察#1 ドングリころころ 11. タヌキの「ため糞」
2. 多摩川カワセミ事情 7. 増水観察#2  ギバチ 12. 多摩川のフクロウ「コミミズク」
3. ナマズの産卵 8. 糸でんわ・オイカワ釣り 13. 境目探検隊
4. 手長エビ釣り 9. 動物観察#1 まずの準備 14. アユ卵の「孵化観察」
5. 外来種 10. 動物観察#2 友だちになろう







サロンにもどる